FC2ブログ

はじめまして。大森(兄)です。

  • Day:2012.02.02 16:19
  • Cat:
筆不精でだいぶ遅れましたが私も旅の話題を。


過日、弟と神戸、大阪、京都、奈良へ研修に行ってきました。


主な目的は桂離宮と旅館俵屋だったのですが、道中もっとも印象的だったのが、岡本太郎氏による太陽の塔でした。

常々いろいろなもののデザインは(例えばクルマなど)同じものであればスケールが小さいほうが、よりよく見え

るものだと感じていたものですから、太陽の塔も大きさからくる迫力は別として、所謂「おおあじ」な感じなのでは

ないかと思っていました。


ところが!!そのことはさすがに大きく裏切られました。


万博公園に入場しますと、塔の後ろのほうから回り込むようにアプローチします。


おぉ、すごい。よくこんなのつくったなあ発注者も勇気あるよなあなんて思いながら、塔の根元から見上げながら

背後から回り込み、あの金色の横顔が見えはじめたあたりからでしょうか。思わず息をのみました。


歩きながらも動けなくなってしまったような衝撃。

とても大きさからくる迫力だけではないものすいパワーと凄み。


作家自身の人間としての圧倒的なパワーと確信、敗戦から立ち上がり高度経済成長を成し遂げた当時の時代

の熱気や挑戦心を思い、日本人としてとても誇らしく、涙ぐみました。


弟もまたもや涙ぐんでいるようでした。

IMG_3297.jpg

大森創太郎建築事務所 http://soutarou.net
スポンサーサイト

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。