FC2ブログ

こんにちは。大森弟です。

  • Day:2012.02.14 13:02
  • Cat:絵画


先日熊本県立美術館へ、印象派展を見に行ってきました。印象派は退屈であまり好きではなかったのですが、

歳をとるごとに共感するようになってきました。

ひと通り観ていると、なぜかピカソの油彩があり、力の入ったものではなかったので

「熊本にはあまり良いものは来ないな」と、やっぱりな残念感が漂ったのですが、1枚、

立ち止まる絵がありました。作者は私の知らない画家です。天気のよい荒野の地面、太陽に掛かった

雲の影が地面にくっきりと陰影の境界を作っている絵でした。

作者の発見と心の動きが伝わって、とても共感できました。私は知らない画家だったのですが、

遥々国境と歴史時間を乗り越えて来る絵ですから、有名な人なんだろうなと、考えながら隣の絵へ、、。



隣はモネでした。初めて観る絵で、草原に薄紫の空、奥には林があります。さっきの絵と比べると柔らかく、

やさしい印象。紫色の空を眺めながら、あれやこれや勝手に想像します・・・・

きっとモネは深い悩みを抱えた夕方、ろう屋のような家から病人のようにゆらゆらと歩き出しました。

悶々としながら無意識のうちに草原へ入って行きます。肌寒さで、はたと我に返って顔を上げると、

美しい紫色の空と、風がざわざわと通り抜ける林が立ちはだかっていました。その美しさに、モネは

救われたんじゃないかと思います。

人には皆、それぞれにアンテナが備わっています。そのアンテナはそれぞれに感度が違います。

アンテナを手のひらに例えると、普通は「パー」と開いている状態。芸術家は、その先にさらに細い指が

生えています。陰影を捉えた先ほどの印象画家はその細い指で、情報をキャッチしているようです。

しかし、モネにはその細い指先に、更に桃のような固い毛がぎっしりと生えているんじゃないか。とおもいます。

こう書いてしまうと、私にはモネのように繊細な情報をキャッチできないんじゃないかと、

悲しくなりそうですが、そうではありません。よくみると、ちゃんと毛がはえているはずです。

その証拠に私も、多くの人も、モネの絵画に感激しています。同じ情報をチャッチした経験が、

共感を呼ぶからです。そして意識して鍛えると毛は濃くなるはずです。

色々と、「毛を濃くしよう」と決意した美術館でした。

発展デザイン
スポンサーサイト

はじめまして。大森(兄)です。

  • Day:2012.02.02 16:19
  • Cat:
筆不精でだいぶ遅れましたが私も旅の話題を。


過日、弟と神戸、大阪、京都、奈良へ研修に行ってきました。


主な目的は桂離宮と旅館俵屋だったのですが、道中もっとも印象的だったのが、岡本太郎氏による太陽の塔でした。

常々いろいろなもののデザインは(例えばクルマなど)同じものであればスケールが小さいほうが、よりよく見え

るものだと感じていたものですから、太陽の塔も大きさからくる迫力は別として、所謂「おおあじ」な感じなのでは

ないかと思っていました。


ところが!!そのことはさすがに大きく裏切られました。


万博公園に入場しますと、塔の後ろのほうから回り込むようにアプローチします。


おぉ、すごい。よくこんなのつくったなあ発注者も勇気あるよなあなんて思いながら、塔の根元から見上げながら

背後から回り込み、あの金色の横顔が見えはじめたあたりからでしょうか。思わず息をのみました。


歩きながらも動けなくなってしまったような衝撃。

とても大きさからくる迫力だけではないものすいパワーと凄み。


作家自身の人間としての圧倒的なパワーと確信、敗戦から立ち上がり高度経済成長を成し遂げた当時の時代

の熱気や挑戦心を思い、日本人としてとても誇らしく、涙ぐみました。


弟もまたもや涙ぐんでいるようでした。

IMG_3297.jpg

大森創太郎建築事務所 http://soutarou.net

はじめまして。大森(弟)です。

先日、新婚旅行へ行ってまいりました。

フランス・スペインへ建築と美術館めぐりです。

新しいもの、古いもの見て参りました。レイナソフィア・ポンピドゥーセンター・ルーブル美術館・プラド美術館・サグラダファミリアなどなど。

古い建築 よかったです!

予算が関係ないのか、工期のしばりがないのか。

そのあたりが大きく違うのでしょう。

サグラダファミリアですが、びっくりしました、、。

最初表で入場待ちの列に並んでおりました。塔の真横です。

最初の印象は、いくら超有名建築でも、所詮人間のする事。限界があります。
すごいけど、こんなもんだよなー。というものでした、、。

が!!

中に入ってびっくりしました!!な!なんて!!すごい!!て!てんじょう!!!!!

立ちすくみました、、。

私は美術に関してかなりいじわるな目線でみるほうなんですが、、。

かんげき!!!

足元から頭上、背後そして足元までスッポリとつつまれまして、、。

隅々まで完璧に考え込まれて、デザインされていて、、。

どこか抜いていないとデザインはうるさくて、いやらしくなったりするのですが、

ぜんぜんやらしくない。ここちいい!!

びっくりしました、、。

しばらくガウディーの「人」へと想いをめぐらせます、、。

恐らく。これだけ個性的なデザインです。反対もあったでしょう。

「こんなのないよ」「ぜんぜんよくないよ」「教会。ふさわしくない」「工期どうするの」「いくらかかるの」

いろいろ言う人いたでしょう。

でもガウディーにははっきりと「これがいい」があったのでしょう。

不安もあった事でしょう。でも貫く強さがあったのではないでしょうか。

新しい建築には、「私は」建築家の「立身出世欲」を感じるものが多いのですが、

サグラダファミリアの天井を眺めていると、ガウディーの心の美しさを感じました。

ただひたすら、「いいもの」つくりたい。というような、、。

自分の「欲」は「いいものつりたい欲」だけ。

涙がでてきました。

http://www.hattendesign.jp/
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。